×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャズサンビスタス

JAZZ SAMBISTAS WEB > BIOGRAPHY

バンドの歩み

 そもそもの始まりは、2003年の春。

 何度目かのジャズサンバリバイバルの波に乗ってリイシューされたテノーリオ・ジュニオールの『エンバロ』とマンフレッド・フェスト・トリオの黒いアルバムをベーシストの本間和が手にしたことに端を発する。当時すでに筋金入りのジャズヲタクとして周囲から一目置かれるどころか逆に白い目を向けられていた氏が「ジャズ系ボサノヴァの最高峰!」とか「まさにボサノヴァ黄金期のジャズ!」といった調子の良い踊り文句に反応しなかったわけがないし、テノーリオの「Fim de Semana em Eldorado」やマンフレッドによる「Estamos Aí」、「Menino das Laranjas」といったキラーチューンに文字通り瞬殺されるのはもう自然の成り行きであったとしか言いようがない。合掌。

 アメリカのモダンジャズにはない、激しくも開放的なグルーヴと緻密なアレンジ、そしてスピーカーの向こう側から熱風が吹き付けてくるかのような熱い即興演奏。底知れないジャズの奥深さにうち震えながら無心でジャズサンバ音源を探していくことになった。それと平行して少しずつではあるが、自らもジャズを演奏し始めていた本間氏。もし仮に自分がリーダーとしてジャズバンドを組む日が来るのならジャズサンバをやろうと心の片隅で考えていたという。

 あれよあれよと時は流れ2009年6月、それまで定期的にやっていたジャズバンドの活動が一段落すると、いよいよ暖めてきたリーダーバンドのプロジェクトを始動する。ジャズサンバを専門に演奏するピアノトリオは日本はもちろんのこと本家ブラジルでも非常に珍しいことが明らかになっていたので、自分がジャズをする意味もあるのではないかと企んでいたらしい。

 相当マニアックな募集内容ではあったが、メンバー募集をかけると意外と食いつきは良くメンバーを固めるのにそれほど時間はかからなかった。ピアノにボッサ/MPBバンド、ジャズコンボ等で幅広く活動していた川田裕人、ドラムには講師業の傍ら数々のサポートをこなす幸田祐介を迎え、ジャズサンバの演奏に取り組む。

 バンドの初ライヴは2010年2月、東京ボッサトレス(Tokyo Bossa Três)として水道橋にあるライヴハウスに出演。「JAZZ SAMBAを生で聴けてホント楽しかった」、「なかなかああいう音楽って生でやってたりするの無いから楽しかった」など、ますまずの評価をいただく。2010年9月にはバンド名をジャズサンビスタス(ジャズサンバ愛好家の意:本間氏の造語)に変更。その後、ただ演奏を聴いてもらうだけでなく、ライヴそのものの持つ雰囲気やお酒・料理などを気軽に楽しんでもらうのに最適なライヴ会場を求め、吉祥寺のStringsに中心に活動する。

 何回かのドラマー交代を行いつつ活動を続けていたが2014年10月、活動の幅を広げるべくメンバーを一新。ピアノに中村泰介氏、ドラムに林伸一郎氏を迎える。よりよい演奏をお楽しみいただけるように改善に務め、現在に至る。

メンバー紹介

本間 和 (double-bass)

 1978年7月13日、東京生まれ。立教大学観光学部卒。

 在学中所属していた音楽サークルの合宿下見の帰り道、車内でたまたま流れていたマイルス・デイヴィス・クインテットの『クッキン』に衝撃を受け、ジャズにのめりこむ。以来貪るようにジャズを聴き始めることになるのだが、わけても名手スコット・ラファロの演奏には、ベーシストを志す人間として強い影響を受けることになった。

 大学卒業後、コントラバスに転向。ジャズベースを山崎弘一氏に、クラシック奏法を澤井慶氏に師事し、技術表現力の向上に努める。その後、音楽を通じて多くの人に幸せや希望を伝えたいという思いから、2007年末より個人としてジャズの活動を本格的に開始、現在に至る。

 ホンマジャズスクール主宰。
 本間和ホームページ(ジャズサンバのCDレビュー多数掲載中)

中村泰介 (piano)

 大阪府出身。幼少よりエレクトーンやブラスバンドでの活動で音楽に親しむ。

 関西大学入学時にジャズ研究会に所属し、京都で活躍していたピアニストの故・市川修氏に師事しジャズピアノを学ぶ。現在は首都圏を中心にライブ活動の他、ホテル、レストランで精力的に活動を行っている。

林伸一郎 (drums)

 20歳よりドラムを始める。

 2003年ボストンのバークリー音楽大学のサマーセミナーに参加。日本では堀越彰氏、田鹿雅裕氏に師事した後、本格的にドラマーとしてのキャリアをスタートさせ、現在に至る。 2005年、2006年、2010年は入間市のグリーンティ・ジャズフェティバルに出演。現在、新宿ピットインなど、首都圏を中心ライブ、コンサートにて日々精力的に演奏活動中。